非クリエイターの僕が16インチ型MacBook Proを愛用する理由

マシーン選びにおいて最も重要なのは、自分自身の作業効率が上がるかどうか

Using MacBookPro As A Blogger 09

僕のメインマシーンは、16インチ型MacBook Pro(2019)だ。発売日にUltimateモデルを購入して以来、記事の作成、写真の現像、画像の作成、動画の編集などあらゆる作業をこなしてきた。

16インチ型MacBook Proは名前のとおり、プロユーザー向けマシーンだ。僕はそれなりに”クリエイティブ”な作業は行っているがマシーンパワーを不要とする作業が多く、MacBook Proの最上位モデルを買う必要はない。

それでも16インチ型MacBook Proを愛用しており、今後も16インチモデルの後継モデルを買い続けるだろう。その理由についてまとめた。

16インチ型MacBook Proを気に入っているポイント

大画面は使い勝手が良い

Using MacBookPro As A Blogger 01

僕は13インチと15インチを行ったり来たりしてきたが、「大画面が正義」と結論付けた。その理由は大きく分けて2つある。

1つ目は、単体使用時の作業のしやすさだ。多数のウィンドウやアプリケーションを開いた状態で作業するため、日頃は34インチのウルトラワイドモニターを使用している。作業領域は可能な限り広いほうが普段通り作業がしやすい。

2つ目は、サブディスプレイとして使用時の使い勝手。ディスプレイが大きければ、サブモニターとして使用する際に複数ウィンドウを同時表示できる。

電池持ちが良い

Using MacBookPro As A Blogger 03
電池持ちは重要だ。16インチ型MacBook Proのバッテリー公称値は、現行モデルの中で最も長い11時間。作業内容によって大きく変動するが、15インチモデルよりは長くなった実感がある。いつでもどこでも作業するために、本体の電池持ちは長いことに越したことはない。

”デスクトップ化”がしやすい

Using MacBookPro As A Blogger 08

僕は複数のMacを同時並行に使うのではなく、1台で完結させることに強いこだわりがある。外出時は単体で持ち運び、自宅ではMacBook Proを”デスクトップ化”する。そのためにパフォーマンスを犠牲にせず、外部ディスプレイに出力できることが重要だ。

16インチ型MacBook ProにはパワフルなdGPUが内蔵されている。最大2台の6K/60Hzディスプレイ、または最大4台の4K/60Hzディスプレイが出力可能だ。限界まで出力するつもりは全くないが、出力性能に余裕があるほど、外部ディスプレイ使用時のパフォーマンスに影響しにくいと考えている。

負荷の高い作業の処理に掛かる時間を短縮する

Using MacBookPro As A Blogger 11

僕の作業のうち、最もマシーンスペックを必要とするのは、写真の現像および動画の編集。作業効率を上げるためショートカットやプリセットを駆使しているが、最も時間が掛かるのは書き出し作業。

CPUとGPUをフルに使用するため、16インチ型MacBook Proでも他の作業に影響を及ぼしてしまう場合がある。それでも他のMacBookよりは確実に時間が短いため、結果的に作業効率が高い。

スピーカーの音が予想以上に良い

Using MacBookPro As A Blogger 16

16インチ型MacBook Proのスピーカー性能は、驚くほど良い。僕が普段使用している「Bose Companion 20 multimedia speaker system」には敵わないが、安価なBluetoothスピーカーよりも遥かに音圧があり、低音も十分。デスクスピーカーを用意する手間がなくなり、とても気に入っている。

最大の理由はマシーンスペックが作業効率のボトルネックにならないから

Using MacBookPro As A Blogger 12

僕が16インチ型MacBook Proを選ぶ最大の理由は、マシーンスペックが作業効率のボトルネックにならないこと。

僕は子育てと並行して仕事をしており、1秒でも短縮できるのであれば短縮したい。自分の能力が原因で仕事が遅い場合、自分の努力次第で改善する可能性はあるが、Macがスペック不足の場合、買い換える以外の選択肢がない。

16インチ型MacBook Proは、僕にとって言い訳ができないほどの高いパフォーマンスが発揮できる。「あとは自分が頑張るのみ」という状況を作り出せる。

「負荷の高い作業をするから」「クリエイターだから」「動画を作るから」という理由がなければ16インチ型MacBook Proを買ってはいけない、というルールはない。Macはただのツールであり、自分自身のパフォーマンスが最も高くなるマシーンを買うべきだ。僕の場合、非クリエイターでありながらも16インチ型MacBook Proが自分のパフォーマンスを最大限発揮できると考えている。

16インチ型MacBook Proは、Apple公式の整備済み商品から通常価格の15%オフで購入できる。標準構成モデルからRAMやSSDをアップグレードしたモデルも含まれるため、欲しい構成がある人はチェックしてみることをおすすめする!

特集
関連情報
カテゴリMacBook Pro
更新日2020年09月02日
コメント(15件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    私はプログラマーですが、16???使ってます。結構メモリ喰いの開発環境がいくら立ち上がってても、まったく苦にならない処理性能ですね。

    1. g.O.R.i

      プログラマーの16インチユーザー、結構多いですよね!なんかレンダリングとかする時にCPUのコア数が多いと助かるとか聞いた気が。。。?? もちろん僕の中では、プログラマーもバリッバリのクリエイターですね、言葉通りクリエイトしているんでw

  2. 通りすがりの読者

    Macの記事を見るたびに思うのだが、画像や動画を編集する人がどんだけいるのだろうか。

  3. 通りすがりの読者

    ぶつぶつゴリラ、Macを語るの巻

    1. g.O.R.i

      はい、超簡潔にまとめるとそんな感じですね??

  4. たってぃん

    僕も13inchと16inchを行き来しましたが、結論16インチ最高!(移動は重いけど??)

    新しいディスプレイ環境の後編が欲しくて禁断症状です!!
    チラ見せじゃなく、はよーw

    1. g.O.R.i

      さすが鋭い!!!!笑 今週金曜日公開に向けて準備中です(準備中なのは脳内だけで、まだ未着手w)

      1. たってぃん

        やはり??
        (金)かー、気長に待ちますっw(土になったら??)

  5. 通りすがりの読者

    現在Mid 2014のGeForce 750Mが搭載されている15-inchモデルで、1080pのディスプレイに出力して使っていますが、どうしても熱暴走し、重くなることが多いと感じています。goriさんも以前このモデルを使用されていたかと思いますが、そのときはどうでしたでしょうか?

  6. 通りすがりの読者

    (いっそのこと某大好きさんみたいにMac Pro買ってしまってもいいのでは…と思ったり思わなかったり)

    1. g.O.R.i

      Mac Proは絶対に買わないんですよー、持ち運べないから!1台だけで完結する、という理念に反するので買うことは無いと思いますが、超ロマンがあるなーとは思いますw

  7. 通りすがりの読者

    ゴリミーさんが写真現像や動画編集、ブログ執筆もしてるのでクリエイターの1人ですよ!もっと誇ってください!ファンより

    1. g.O.R.i

      ありがとうございます!!!!!クリエイターとして誇れるように精進します!

  8. 一読者

    goriさん,いつもありがとうございます。

    タイトル間違ってませんか?
    goriさんは,クリエイターです。
    映像に勝る記事です。

    1. g.O.R.i

      うぅ…嬉しい……(????ε????)ありがとうございます。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索
午夜电影_免费高清视频|高清电视|高清电影_青苹果影院