A14Xチップ、10月に量産開始か AppleシリコンMacおよび新型iPad Proに搭載

年内に復活が噂される12インチ型MacBook、来年発表のミニLED搭載iPad Proが採用か

IpadIMGL1341 TP V

Appleの5nmプロセスを採用した「A14X」チップは、2020年第4四半期(10月?12月)から量産を開始する。Digitimesによると、AppleシリコンMacおよび新型iPad Proに搭載されるという。

工商時報は、年内にAppleシリコンを採用した12インチ型MacBookが発表され、「A14X」チップを搭載すると伝えていた。12インチ型MacBookはコードネーム「Tonga」、本体の重量は1kg以下、15?20時間の電池持ちを実現すると見られる。

Bloombergは、AppleシリコンMacには、2020年の新型iPhone(iPhone 12)と同じA14チップを採用すると予測。8つの高性能コアと、4つの高効率コアを内蔵した12コアチップになると伝えていた。Appleは11月に、AppleシリコンMacに特化した発表イベントを開催するとの情報もある

Appleに関する情報を正確に予測した実績を持つ有没有搞措氏によると、新型iPad Proは、ミニLEDディスプレイ搭載で5Gをサポート2021年3月または6月に発表されると伝えている。

(Source: Digitimes via MacRumors

関連情報
更新日2020年09月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース?噂 ?最新情報」新着記事
トレンド検索
午夜电影_免费高清视频|高清电视|高清电影_青苹果影院