ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 12、机に置いたままFace IDが可能に?ベゼルは「著しく薄型化」か

ノッチも小型化しないが、画面の大型化によりノッチが小型化したような印象を受けるという

Using TrueDepth Camera Face ID

2020年の新型iPhone(iPhone 12)は、顔認証機能(Face ID)の認識範囲が広がる可能性がある。Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏によると、端末を机に置いた状態で顔認証(Face ID)が利用可能になるという。

TrueDepthセンサーはiPhone 11 Proと変わらず、画面上部の切り欠き(ノッチ)は小型化しないが、ディスプレイ周りのベゼルは「著しく薄型化」すると伝えている。ディスプレイの大型化に伴い、ノッチが小型化したような印象を与えると分析している。

背面カメラの各レンズは、iPhone 11 Proと比べて10%大型化

筐体の側面は、iPhone 4やiPad Proのようにフラット化されているが、ガラス面は端がわずかに湾曲していると、Jon Prosser氏は指摘する。背面カメラの各レンズは、iPhone 11 Proと比べて10%大型化しているそうだ。

AppleリーカーのJiorīku氏も、ベゼルの薄型化およびディスプレイの大型化により「小型化したように見える」と予測。また「iPhone 12 Pro」のレンズ配置はiPhone 11 Proと大きく変わらないが、各レンズはわずかに大きくなると伝えている。

ストーリータイムライン
関連情報
更新日2020年08月26日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース?噂 ?最新情報」新着記事
トレンド検索
国产精品嫩草影院-电影大全 - 高清在线观看 - 海量高清视频免费在线观看