ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 12、バッテリー用プリント基盤のデザインを簡略化か

5G対応による部品原価の値上げを相殺するため、サプライヤーに圧力を掛けている

V a tao HBp6rDjh5ew unsplash

Appleは、2020年の新型iPhone(iPhone 12)で5G対応によるコストの値上げを相殺するため、サプライヤーに対し値下げ交渉に力を入れている。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、iPhone 12」に内蔵されるバッテリー用プリント基盤はレイヤー数を削減し、小型化かつ簡略化されたデザインを採用するという。

Subは75?85ドル、ミリ波は125?135ドルの費用追加になると見られている。この変更により、iPhone 11シリーズに採用されている部品と比べて40?50%ものコスト減に繋がるそうだ。

Ming-Chi Kuo氏は、2021年の新型iPhone(iPhone 12s)ではバッテリー用プリント基盤のさらなるコスト削減が実施されると予測。iPhone 12」のさらに30?40%減としている。

Appleは、「iPhone 12」でUSB充電器およびイヤホンの同梱を廃止し、コスト削減に繋げると噂されている。「iPhone 12」用パッケージの内部パーツと見られるCADレンダリング画像には、従来の付属品が配置できる場所が用意されていない。

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年08月21日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース?噂 ?最新情報」新着記事
トレンド検索
国产精品嫩草影院-电影大全 - 高清在线观看 - 海量高清视频免费在线观看