ソフトバンクオンラインショップ

Qulacomm、iPhone 12の遅れに言及 10月以降の発売は確実か

iPhone 12シリーズは全機種が5Gに対応、Qualcomm製5Gモデムチップを採用すると見られている

Filip baotic dNu5Vf40 Tg unsplash

2020年の新型iPhone(iPhone 12)は、10月以降の発売になる可能性が高い。Qulacommは決算発表において「フラグシップスマートフォンのわずかな遅れにより影響を受ける」と言及。出荷数の一部が7?9月期から10?12月期にずれ込むと忠告している。

具体的なメーカーや製品名は明かさなかったが、「iPhone 12」シリーズは全機種が5Gに対応し、Qualcomm製5Gモデムチップを採用すると見られている。Qualcommの決算に影響するほどの出荷規模であること、9月から10月にかけての遅れについて言及していることから、iPhone 12」を示唆していると考えられる。

例年と比べて1カ月遅れの発表?発売になる可能性

iPhone 12」の遅れは、複数の報道が示唆している。Nikkei Asian Reviewは、新型コロナウイルスの影響で量産開始に1?2カ月の遅れが発生を指摘。あらゆる手を尽くした結果、発売が2021年まで延期されることは免れた状況と報じている。

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏も、全モデルの製造検証実験(EVT)に約1カ月の遅れが起きていると予測。iPhoneのサプライヤーBroadcomのCEOは、「北米のモバイル端末メーカーで大規模な製品サイクルの遅延が発生している」と発言してる。

Macお宝鑑定団Blogは、「iPhone 12」は10月後半に発表された後、LTEモデルは10月、5Gモデルは11月に発売される可能性があると予測している。

(Source: Reuters via MacRumors

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    無理に9月に出して超品薄とか不具合抱えるとかなるより全然マシだなぁって考えるようになりました

「iPhoneニュース?噂 ?最新情報」新着記事
トレンド検索
国产精品嫩草影院-电影大全 - 高清在线观看 - 海量高清视频免费在线观看