ソフトバンクオンラインショップ

5.4インチ型iPhone 12のサイズ感が分かる壁紙が公開

持ち手に合わせた壁紙を表示し、5.4インチモデルのサイズ感が確認できる

Checking out iphone12 5 4 size 07

2020年の新型iPhone(iPhone 12)は、新しい5.4インチモデルの登場が予測されている。iPhone SE(第2世代)やiPhone 8よりも小さくなり、角張ったデザインへの移行により初代iPhone SEに近いサイズ感や握り心地になると見られる。

MacRumorsが、手元のiPhoneを使用し5.4インチ型「iPhone 12」を手に握ったときのサイズ感を確認できる壁紙を公開している。

親指でリーチできる範囲が広くなり、片手操作が捗る予感

5.4インチ型「iPhone 12」は、Face ID搭載モデルとして現時点で最も小さいiPhone 11 Proよりも画面が一回り小さい。親指でリーチできる範囲が広がっており、片手操作がしやすくなりそうだ。

5.4インチ型「iPhone 12」でも対角線上にあるアプリは届かなかったが、横幅が狭くなった分、手を少し移動すれば簡単に届く。左手で持ったときの1列目左上は問題なく届いた。3列目以降は快適に片手操作が可能だ。

Checking out iphone12 5 4 size 06
2列目は余裕

Checking out iphone12 5 4 size 05
小指で端末下部を支える持ち方だと、1列目は届かない

Checking out iphone12 5 4 size 02
少し握りを変えるだけで簡単に届く

Checking out iphone12 5 4 size 01
3列目以降は余裕

Checking out iphone12 5 4 size 03
Dockにあるアプリも余裕を持って片手操作ができる

Checking out iphone12 5 4 size 04
左手で持ったときの1列目左上は問題なく操作できた

Touch IDの代わりにFace IDが搭載され縦幅が増すため、iPhone SE(第1世代)と全く同じ使用感とは言い切れないが、手が大きい男性であれば隅々まで片手で操作できるかもしれない。

なお「iPhone 12」シリーズは、iPhone 11 Proと同じ5.8インチモデルは用意されずiPhone 11iPhone XRと同じ6.1インチにサイズアップする可能性が高い。コンパクトなモデルが欲しい場合は5.4インチモデルを選ぶことになりそうだ。

壁紙のダウンロードリンクは以下。使用機種に対応した壁紙を選び、カメラロールに保存。写真を全画面表示すれば、5.4インチ型「iPhone 12」のサイズ感が確認できる。

壁紙をダウンロード

「iPhone 12」シリーズは、5.4インチモデルが1種類、6.1インチモデルが2種類、6.7インチモデルが1種類が発表され、全4機種すべてに5G対応モデルが用意されると見られている。最新情報は以下の記事を参考にしてもらいたい。

関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    Xが重く大きくて7に戻してしまった自分にはかなり朗報です。

「iPhoneニュース?噂 ?最新情報」新着記事
トレンド検索
国产精品嫩草影院-电影大全 - 高清在线观看 - 海量高清视频免费在线观看