ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 12はさらに容量の大きいバッテリーを内蔵するかも?

電池持ちは変えずに電池消耗の多い機能をカバーするために電池容量増やす可能性?

Daniel romero C0sBET w8UU unsplash iphone 11 series

2020年に登場すると見られているiPhone 12」に内蔵されているカスタムのバッテリー保護モジュールは現行モデルよりも約50%も小型化する可能性があるとTHE ELECが報じている。これにより、内部の物理的なスペースに余裕が生まれ、Appleは電池容量を現行モデルよりも増やすかもしれない。

小型化されたモジュールは韓国のITM Semiconductorが供給する見通し。

3Dセンシングに対応した外向きカメラ、電池消耗激しそうだし……

バッテリー保護回路は、本体に内蔵されている電池が過充電おおび過放電を防ぐために必要な部品。同様の部品はすでにSamsungの「Galaxy S11」用に供給していることから、次期iPhoneでも採用される可能性は十分にある。

iPhone 11 Proは「iPhone XS」と比べて電池持ちが4時間も長くなっている。来年のiPhoneはさらに電池持ちが長くなる可能性もあるが、採用される電池消耗の激しい新機能を実現するために、電池容量を増やすことによって変わらない電池持ちを実現するのかもしれない

2020年のiPhoneは「iPhone 12」と呼ばれる見通しとなっていて、従来の3モデルではなく4モデル展開になり、すべて有機ELディスプレイになる見通し。5.4インチと6.1インチの下位モデル、6.1インチと6.7インチの上位モデルになると見られ、実質的にiPhone 11 Proシリーズはディスプレイ自体が大型化すると考えられる。

上位モデルのデザインは刷新され「iPhone 4」ライクなデザインになるとの噂で、6GBのRAMを搭載し、外向きカメラは3Dセンシングに対応したトリプルレンズカメラになると予想されている。

一部噂によると、画面内蔵型「Touch ID」を早ければ2020年に発表する新しいiPhoneに採用する可能性もあると報じられている。

(Source: MacRumors

関連情報
更新日2019年12月20日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース?噂 ?最新情報」新着記事
トレンド検索
国产精品嫩草影院-电影大全 - 高清在线观看 - 海量高清视频免费在线观看