iPhone 12の最新情報まとめ:発売日?価格?デザイン?スペックなど

随時更新:2020年登場予定の新型iPhoneについて現時点で分かっていることすべて

Iphone 11 pro and iphone 11 red

2020年の新型iPhone(iPhone 12)の噂されている特徴は、カメラ性能のさらなる向上全モデルが有機ELディスプレイ搭載5G対応、3年ぶりとなるデザイン刷新。メジャーアップデートモデルになると噂されている。

本記事では2020年秋に発表が予想されている、次期iPhone(iPhone 12)の特徴、デザイン、スペックや仕様、発表日や発売日、価格などの最新情報をまとめた。「iPhone 12」を購入予定の人や、iPhoneの購入タイミングに悩んでいる人は参考にしてもらいたい。

「iPhone 12」の最新情報はTwitter(@planetofgori / @gori_me)、Facebook(@gorime)、Feedlyで配信中。

特徴?新機能?スペック比較

Iphone 12 renderings image by everythingapplepro
【image via EverythingApplePro

「iPhone 12」はメジャーアップデートと位置づけられ、合計4種類発表される見通し。外観は、iPad Pro(2020)のようなデザインになり、5Gの対応、有機ELディスプレイ搭載などが噂されている。

記事執筆時点で報じられている「iPhone 12」のスペックや仕様は、以下の通り。新しい情報が入り次第、本記事を追記?修正する。

概要
  • 2020年の新型iPhoneは4種類
    • iPhone 12シリーズ
      • iPhone 12(5.4インチ)
      • iPhone 12 Max(6.1インチ)
    • iPhone 12 Proシリーズ
      • iPhone 12 Pro(6.1インチ)
      • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)
  • 発表日?発売日はいつ??詳細
    • 10月以降
  • 価格は??詳細
    • iPhone 12(5.4インチ):649?699ドル(69,800円?)
    • iPhone 12 Max(6.1インチ):749?799ドル(79,800円?)
    • iPhone 12 Pro(6.1インチ):999ドル(106,800円?)
    • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ):1,099ドル(119,800円?)
  • 特徴(実現可能性:高)
    • A14 Bionic
    • iPad Proに似た角張ったデザインに刷新
    • 5G対応
    • 全機種が有機ELディスプレイ
    • LiDARセンサーの搭載(iPhone 12 Proシリーズのみ)
    • Lightningポート
    • EarPodsの同梱なし
    • USB充電器の同梱なし
    • 高耐久の編み込みUSB-C to Lightningケーブルを同梱
  • 特徴(実現可能性:中)
  • 特徴(実現可能性:低)
iPhone 12シリーズ iPhone 12 Proシリーズ
名称 iPhone 12 iPhone 12 Max iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
ディスプレイ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
解像度 2,340 x 1,080 2,532 x 1,170 2,532 x 1,170 2,778 x 1,284
カラービット深度 8bit 8bit 10bit 10bit
デザイン iPad Proような筐体
筐体 アルミニウム アルミニウム ステンレススチール ステンレススチール
チップ A14 Bionic
RAM 4GB 6GB
5G Sub6 ミリ波+Sub6
ディスプレイ 有機EL 有機EL 有機EL 有機EL
外向きカメラ
(概要)
2眼 2眼 3眼+LiDAR 3眼+LiDAR
外向きカメラ
(手ブレ補正機構)
光学式 光学式 光学式 イメージセンサー式
外向きカメラ
センサーサイズ
1/2.6インチ 1/2.6インチ 1/2.6インチ 1/1.9インチ
ストレージ 128GB
256GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
120Hz
(ProMotion)
? ?
価格(ドル) 128GB:649ドル
256GB:749ドル
128GB:749ドル
256GB:849ドル
128GB:999ドル
256GB:1099ドル
512GB:1299ドル
128GB:1099ドル
256GB:1199ドル
512GB:1399ドル
価格(円) 128GB:69,800円
256GB:79,800円
128GB:79,800円
256GB:89,900円
128GB:106,800円
256GB:122,800円
512GB:144,800円
128GB:119,800円
256GB:135,800円
512GB:157,800円

サイズ?デザイン

iphone 12 series size and camera
@komiya_kjより

概要
  • iPad Pro(2018)を小型化したようなデザイン
  • 全モデル共通したデザインを採用
  • ミッドナイトグリーンを廃止、ネイビーブルーを追加

「iPhone 12 Pro」シリーズはより角張った筐体になる可能性が高い。iPad Pro(2018)を小型化したようなデザインと見られる。

5.4インチモデルは初代iPhone SEよりも大きいが、iPhone 8(および新型iPhone SE)よりもわずかにコンパクト。

筐体デザインは、全モデル共通だという。筐体の厚みは7.4mm、ベゼル幅は2mmになる見通し。

「iPhone 12 Pro」シリーズは、新しいカラーバリエーションとして、ミッドナイトグリーンの代わりに「ネイビーブルー」を追加すると見られている。

ディスプレイ

David svihovec L3amjrQpHlc unsplash

概要
  • 4モデル展開
  • 全機種、有機ELディスプレイ
  • 5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種
  • ノッチのサイズは従来と同じ

iPhone 11シリーズは、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチモデルの3モデル展開だったが、「iPhone 12」シリーズは5.4インチ、6.1インチ、6.1インチ、6.5インチの4モデル展開になるという。ノッチが小型化する噂はあったが、Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏が入手した「iPhone 12 Pro Max」の開発機では、ノッチ幅は変わっていない

iPhone 11シリーズまで、6.1インチモデル(iPhone XR、iPhone 11)は液晶ディスプレイだったが、「iPhone 12」シリーズは全モデル有機ELディスプレイを採用する。ディスプレイ解像度も高くなり、全モデルフルHD(1,920 x 1,080ピクセル)以上になると見られている。

また「iPhone 12 Pro」シリーズは120Hzリフレッシュレートをサポートすると噂されてきたが、

「iPhone 12 Pro」は120Hzリフレッシュレートをサポートし、10bitカラーをサポートすると噂されていた。しかしすべてのハードウェアテストに合格できず、2021年まで採用は見送られる可能性も浮上している。

ディスプレイ業界のサプライチェーン調査会社のCEOを務めるRoss Young氏によると、Appleは96HzのドライバICを使用し120Hzリフレッシュレートの開発に成功。ただし120HzのドライバICを使用している製品と比べ、品質が落ちる可能性がある指摘している。

120Hzリフレッシュレートは、iPad Proで「ProMotionディスプレイ」として搭載。画面のスクロール、各種アニメーションが滑らかになる。

5G

概要
  • 全モデル5G通信対応
  • 上位モデルはミリ波+Sub6、下位モデルはSub6のみ
  • 超近距離無線LAN規格「IEEE 802.11ay」に対応

「iPhone 12」シリーズは、4機種すべて5Gに対応するモデムチップを内蔵する。ただし上位モデル(6.1インチ/6.7インチ)はミリ波とSub6、下位モデル(5.4インチ/6.1インチ)はSub6のみをサポートする可能性がある。

Fast Companyの取材によると、ミリ派およびSub6の両方に対応するモデルは6.7インチモデル(iPhone 12 Pro Max)限定になると報道。ミリ波をサポートする地域は、米国、韓国、日本の3カ国と伝えている。Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、カナダとイギリスもサポート対象国と予測していた。

「iPhone 12 Pro Max」限定になる理由は、ミリ波対応用の”特別なアンテナデザイン”および大容量のバッテリーを搭載できる物理的なサイズだと説明。ミリ波?Sub6両対応モデルは1機種になる可能性がある。

「iPhone 12 Pro Max」で撮影されたと見られる、5G対応を裏付けるスクリーンショットも流出している。

Appleは2019年7月にIntelのスマホ用モデム事業の大部分を買収。上位モデルに自社製のアンテナ?イン?パッケージ(AiP)モジュールを採用すると噂されている。

またMacお宝鑑定団Blogは、「iPhone 12」が60GHz帯を使用する超近距離無線LAN規格「IEEE 802.11ay」をサポートする可能性を予測。すでにQualcommの「Snapdragon 855」で実装されているため、「A14」チップも対応する可能性は高い。

「IEEE 802.11ay」は、スマートデバイスのためのジェスチャー認識や個人認証など幅広いユースケースが想定されている新技術。非常に高い周波数帯域を使用し、デバイス間のデータ転送機能を筆頭に活用するサービスが増えると見られている。

カメラ

Iphone 12 pro max case
@duanrui1205より

概要
  • 外向きカメラにLiDARスキャナ搭載(iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのみ)
  • iPhone 12 Pro Maxの広角レンズは7枚構成になり、イメージセンサーのサイズが1/1.9インチに大型化
  • iPhone 12 Pro Maxはイメージセンサーシフト式手ブレ補正に対応
  • iPhone 12以外のモデルはセンサーサイズが1/2.6インチに
  • 暗所撮影が改良
  • 3倍光学ズーム、最大30倍のデジタルズームに対応

Ming-Chi Kuo氏は、2020年に登場する新型iPhoneのうち、ToFセンサーによる3Dセンシングが可能なカメラを搭載するiPhoneが2機種存在する、と予測。「iOS 14」の内部コードにも、ToFセンサーは2機種のみであると示唆する記述が発見されている。6.1インチと6.7インチの「iPhone 12 Pro」シリーズになるだろう。

ToFセンサーは、被写体に対して照射した光の反射が届くまでの時間を利用して三次元情報を計測する仕組み。数メートル離れた距離にある被写体も認識でき、正確な深度情報が取得可能になる。ToFセンサーは、iPad Pro(2020)に搭載されているLiDARスキャナになる可能性が高い。

LiDARセンサーの搭載により、動画およびナイトモードにおいて、オートフォーカス機能の改良、被写体の認識精度が向上すると見られる。

流出した設定画面のスクリーンショットによると、より長い露出時間を確保できる拡張したナイトモードの設定項目、拡張したノイズ削減、色深度ビデオ、ズームなどの設定項目も確認できる。動画機能は、4K@120fpsおよび4K@240fpsのスローモーション撮影機能がテストされているようだ。

Ming-Chi Kuo氏、6.7インチモデル(iPhone 12 Pro Max)に搭載されている広角レンズは7枚構成になり、イメージセンサーのサイズが1/1.9インチに大型化すると予測。また6枚構成のボール型VCM(ボイスコイルモータ)技術の採用により、カメラのオートフォーカスおよび手ブレ補正の性能が向上そうだ。

手ブレ補正機構はイメージセンサーシフト式になる見通し。カメラの物理的な小型化画質の向上に加え、望遠レンズや超広角レンズにも手ブレ補正機能が追加される可能性がある。「iPhone 12 Pro Max」以外の「iPhone 12」シリーズの広角レンズは7枚構成だが、センサーサイズは1/2.6インチになるそうだ。

プロセッサ

概要
  • A14 Bionic + Neural Engine
  • 「iPhone 12」シリーズはRAMが4GB
  • 「iPhone 12 Pro」シリーズはRAMが6GB

「iPhone 12」シリーズは、共通して「A14 Bionic」チップとさらに進化したNeural Engineを搭載する。5nmプロセスを採用した場合、ベンチマークツール「Geekbench 5」を使用したマルチコアスコアは、15インチ型MacBook Proに匹敵する可能性がある。

上位モデルはRAMが6GBなると噂されている。下位モデルはiPhone 11シリーズと変わらず4GBになる見通し。

iPhone チップ
iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max A13 Bionic、Neural Engine
iPhone XS / iPhone XS Max / iPhone XR A12 Bionic、Neural Engine
iPhone X / iPhone 8 / iPhone 8 Plus A11 Bionic、Neural Engine
iPhone 7 / iPhone 7 Plus A10 Fusion
iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone SE A9

RAMは、6.1インチモデルと6.7インチモデルは6GBになり、5.4インチモデルと6.1インチモデルは4GBになると噂されている。

リークした「Geekbench 5」のベンチマークスコアによると、「A14 Bionic」はiPad Pro(2018)に搭載されている「A12X Bionic」に匹敵する。iPhone 11シリーズに内蔵されている「A13 Bionic」と比較して、シングルコアスコアで24%、マルチコアスコアで34%のパフォーマンス向上が期待できる。

ストレージ

概要
  • iPhone 12:128GB、256GB
  • iPhone 12 Max:128GB、256GB
  • iPhone 12 Pro:128GB、256GB、512GB
  • iPhone 12 Pro Max:128GB、256GB、512GB

Jon Prosser氏によると、「iPhone 12」シリーズはストレージ容量が128GB以上になるという。iPhone 11は64GB、128GB、256GB、iPhone 11 Proシリーズは64GB、256GB、512GBが用意されている。

バッテリー

概要
  • iPhone 11シリーズと比べてバッテリー容量が減少する可能性

「iPhone 12」シリーズのバッテリー容量は、iPhone 11シリーズと比べて約1割減少する可能性がある。韓国の「Safety Korea」、デンマークの「DEMKO(DANMARKS ELEKTRISKE MATERIELKONTROL)」などの認証機関に申請された情報から判明した。

モデル名(仮) モデル番号 バッテリー容量
Apple iPhone 12 (5.4-inch) A2471 2,227mAh
Apple iPhone 12 Max (6.1-inch) A2431 2,775mAh
Apple iPhone 12 Pro (6.1-inch) A2431 2,775mAh
Apple iPhone 12 Pro Max (6.7-inch) A2466 3,687mAh

申請情報が事実だとすれば、「iPhone 12」はiPhone 11より約30%減、iPhone SE(第2世代)と比べて22%増。「iPhone 12 Max」はiPhone 11より11%減、「iPhone 12 Pro」はiPhone 11 Proより8%減、「iPhone 12 Pro Max」はiPhone 11 Pro Maxより8%減となる

モデル名 バッテリー容量
iPhone SE(第2世代) 1,821mAh
iPhone 11 3,110mAh
iPhone 11 Pro 3,046mAh
iPhone11 Pro Max 3,969mAh

セキュリティ

概要
  • Face ID(顔認証)
  • 画面内蔵型Touch ID(指紋認証)は実現されず

「iPhone 12」シリーズは、顔認証システム「Face IDを採用する見通し。指紋認証システムを復活させ、画面内蔵型の「Touch ID」が採用されるとの噂もあったが、「iPhone 12」では実現しない可能性が高い。

認識範囲は広がる可能性がある。Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏によると、端末を机に置いた状態で顔認証(Face ID)が利用可能になるという。

同梱物

概要
  • 純正イヤホンおよびUSB充電器は同梱されず
  • 編み込みのUSB-C to Lightningケーブルを同梱

「iPhone 12」のパッケージは、純正の有線イヤホン(EarPods with Lightning Connector)、およびUSB充電器を同梱しない可能性がある。Ming-Chi Kuo氏によると、「iPhone 12」をiPhone 11と同程度の価格で提供するために、5G対応による値上げを付属品の除外で相殺するという。Nikkei Asian Reviewは、すでに多くのiPhoneユーザーが所有していることを理由に、同梱を見送ると報じている。

ConceptsiPhoneのRan Avni氏は、「100%本物」としている「iPhone 12」用パッケージの内部パーツと見られるCADレンダリング画像を投稿。従来よりも浅くなっており、EarPodsおよびUSB充電器が収まらない構造になっている。

同梱されるケーブルは、従来品と比べて耐久性が向上した、編み込み仕様のUSB-C to Lightningケーブルになる可能性がある。HomePodの電源ケーブルやMac Pro(2019)に同梱されているUSB-C to Lightningケーブルに似たデザインになるという。

新しい20W電源アダプタの存在は確認されているが、「iPhone 12」には同梱されず別売りのアクセサリとして提供されるそうだ。

発表日?発売日

  • 発表、発売ともに10月以降
  • 機種によって発売がさらに延期される可能性

Appleは、「iPhone 12」シリーズの発売が「数週間遅れる」と決算発表で発言。Macお宝鑑定団Blogが複数の中国サプライヤーから入手した情報によると、「iPhone 12」は10月後半に発表された後、LTEモデルは10月、5Gモデルは11月に発売される可能性があると伝えている。

Jon Prosser氏は、10月12日の週に「iPhone 12」の発表イベントが開催されると予測。エントリーモデルは10月19日の週、上位モデルを11月以降に発売と伝えている。

  • iPhone 12の発表イベント開催日:10月12日の週(10月12日?19日)
  • iPhone 12(エントリーモデル、5.4インチと6.1インチ)の予約開始日:10月12日の週
  • iPhone 12(エントリーモデル、5.4インチと6.1インチ)の発売日:10月19日の週
  • iPhone 12 Pro(上位モデル、6.1インチと6.7インチ)の予約開始日:11月中
  • iPhone 12 Pro(上位モデル、6.1インチと6.7インチ)の発売日:11月中

September and october 2020 Jon Prosser

例年の傾向により、「iPhone 12」シリーズは現地時間10月13日(日本時間10月14日)に発表され、エントリーモデルは10月16日に予約開始、10月23日に販売開始する可能性が高い。

過去数年間のiPhoneの発表日?予約開始日?発売日

Appleは例年、新型iPhoneの発表イベントを9月の第1週または第2週に開催する傾向にある。イベントの開催曜日は現地時間の火曜日または水曜日になることが多く、米国同時多発テロの関係から9月11日を避ける可能性は非常に高く、前日または翌日になっている。

モデル(年) 招待状配布 発表日 予約開始 発売日
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max(2019) 8/30(金) 9/11(水) 9/13(金) 9/20(金)
iPhone XS/XS Max(2018) 8/31(金) 9/13(木) 9/14(金) 9/21(金)
iPhone XR(2018) 8/31(金) 9/13(木) 10/19(金) 10/26(金)
iPhone X(2017) 9/1(金) 9/13(水) 10/27(金) 11/3(金)
iPhone 8/8 Plus(2017) 9/1(金) 9/13(水) 9/15(金) 9/22(金)
iPhone 7/7 Plus(2016) 8/30(火) 9/8(木) 9/9(金) 9/16(金)
iPhone 6s/6s Plus(2015) 8/28(金) 9/10(木) 9/12(金) 9/25(金)
iPhone 6/6 Plus(2014) 8/29(金) 9/10(水) 9/12(金) 9/19(金)

※曜日はすべて日本時間

価格

概要
  • iPhone 12(5.4インチ)
    • 128GB:69,800円
    • 256GB:79,800円
  • iPhone 12 Max(6.1インチ)
    • 128GB:79,800円
    • 256GB:89,900円
  • iPhone 12 Pro(6.1インチ)
    • 128GB:106,800円
    • 256GB:122,800円
    • 512GB:144,800円
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)
    • 128GB:119,800円
    • 256GB:135,800円
    • 512GB:157,800円

「iPhone 12」シリーズの価格は、5.4インチ(iPhone 12)は649ドル、6.1インチ(iPhone 12 Max)は749ドル、6.1インチ(iPhone 12 Pro)は999ドル、6.7インチ(iPhone 12 Pro Max)は1,099ドルになると見られている。

端末 価格または予想価格 国内価格または予想価格
iPhone XR 64GB 599ドル 64,800円
iPhone XR 128GB 649ドル 69,800円
iPhone 12(5.4インチ) 649ドル 69,800円
iPhone 11 699ドル 74,800円
iPhone 12 Max(6.1インチ) 749ドル 79,800円
iPhone 11 Pro 999ドル 106,800円
iPhone 12 Pro(6.1インチ) 999ドル 106,800円
iPhone 11 Pro Max 1,099ドル 119,800円
iPhone 12 Pro Max(6.7インチ) 1,099ドル 119,800円
ストーリータイムライン
135本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年09月09日
コメント(14件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    touch IDが載るかどうかが最大の関心事かな??

    1. g.O.R.i

      のらないですよー

  2. あああ

    現行機種が2020秋以降に幾らに値下げされるかの予想も入れてもらえると参考になりますね。表記は「値下げ後価格(現行価格)」形式とか。例えば、最後の表のiPhone 11の価格は64,800円(74,800円)というような感じ。

    1. g.O.R.i

      値下げの予想はかなり難しいですね。そもそもiPhone 12シリーズ発売後にiPhone 11シリーズが残るかどうかもわからないので。個人的にはiPhone 11だけ残ると思っていたのですが、最近はiPhone 11シリーズはまるっと廃止される気がしています。iPhone 11とiPhone 12の見た目ってそんなに変わらないと思うので、両方ともあると紛らわしいと思うんですよね。iPhone XRを引き続き残してiPhone 11シリーズをまるっと入れ替えるみたいな。

      でもそれだと5.8インチモデルが欲しい人にとって選択肢がなくなるのだけど……それはそれでいいのだろうか(自問自答

  3. kimineri

    初代SEの後継を待っていた人たちは先月発売のSEよりも12の5.4インチを待った方が満足できそうですね。あとは社会に5Gが本当に普及するのかによってこの価格の価値が変わってきますね。

    1. g.O.R.i

      確かに人によっては5.4インチの方が魅力的に感じる人もいると思いますが、より安い価格で手に入るのはiPhone SEであることから、iPhoneに多くを求めない人であればiPhone SEでも十分満足できそうですね。あとはマスクが欠かせない今の世の中、Touch IDの方が便利、だと感じる人も少なく無さそうですね。

      僕は5.4インチを見るのがすごく楽しみです!!価格といい、サイズといい、メチャクチャ売れそうな気がしますー!!

  4. 通りすがりの読者

    次のiPhoneもsmart battery case出たらいいですね

    1. g.O.R.i

      iPhone 11 Proを使っていて、あんまり必要性を感じたことが無いのですが、やっぱり欲しいですか??まあでも動画とか撮影しまくっていると電池消費が激しいですよねえ。純正品よりももうちょっと薄いやつがいいな……笑

      1. 通りすがりの読者

        ちなみに私もiphone11proを使ってるんですけど、smart battery caseを使ってます
        次のiPhoneにもそういうの絶対に欲しいです!

  5. 通りすがりの読者

    クァルコムの5G用チップの価格が高すぎてAndroidですら採用を見送られてますね
    特許持ってるから他に選択肢ないし、結果的にこの会社が5Gの普及を足止めしそうです

  6. 通りすがりの読者

    種類増えるのは良いことなのかもしれないけど、優柔不断野郎には酷!?

  7. 通りすがりの読者

    クオ氏とお宝ならお宝さんの方が圧倒的に信頼度は高いので、恐らくその4機種になるとは思うのですが、これで値上げしなければiPhone覇権取れますね。
    androidの 5G機種が軒並み値上げしまくってますし…

    1. 通りすがりの読者

      Androidメーカーの5G機種より安くなるってのはなさそうな気がします
      フラグシップの11 ProシリーズはAndroidフラグシップと値段変わらないし…

  8. 噂好き

    すごくややこしいモデル構成ですね。Appleという会社なので必ず理由があるはずです。数ヶ月後の発表が待ち遠しいです。(しかし、いかんせん種類が多いような…。種類を広げるのはあまり良いとは言えませんが、それでも広げる真意とは!

「iPhoneニュース?噂 ?最新情報」新着記事
トレンド検索
午夜电影_免费高清视频|高清电视|高清电影_青苹果影院