iOS 14、注目の新機能?変更点まとめ

iPhoneを買い換えなくてもiPhoneが進化する!iOS 14はここが新しい&ここが変わる!

Ios14 top all features

Appleは6月23日、iPhoneおよびiPod touch向けのOS「iOS 14」を正式発表した。数々のベータ版を経て、日本時間9月17日に一般公開される。

iOS 14は、ホーム画面が改良されウィジェットの配置、アプリを整理する「App Library」、ピクチャ?イン?ピクチャなどの機能が追加。Siri、マップ、メッセージ、CarPlayが改良されている。デフォルトアプリの変更も解禁され、メールおよびブラウザとしてサードパーティアプリが指定可能になった。

本記事ではiOS 14の新機能および変更点をまとめて紹介する。

iOS 14をサポートするiPhone/iPod

特に注目するべき新しい機能をピックアップ

ウィジェット

Androidのように、iOSでもホーム画面にウィジェットが追加可能になった。カレンダー、バッテリー、天気、など純正アプリを始め、対応すればサードパーティのものも利用できる。アプリを開かずに、ホーム画面を見るだけで必要な情報が取得できる。

3種類のサイズが用意され、アプリと同じようにホーム画面上に配置できる。また使用頻度の高いウィジェットを最大10種類までまとめ、ユーザーの動向や時間帯で表示ウィジェットが切り替わる「スマート?スタック」もある。

Apple WWDC20 Keynote 200
ウィジェット

Apple WWDC20 Keynote 317
スマート?スタック

Apple WWDC20 Keynote 322
スマート?スタックはユーザーの行動や時間帯に合わせて自動的に切り替わる

Appライブラリ

Appライブラリ」は、iPhone上にインストールされているすべてのアプリをまとめる機能。アプリはカテゴリ別のフォルダに分類されるが、ユーザー側でフォルダ名を変更することはできない。
Apple WWDC20 Keynote 248

iPhone内にあるすべてのアプリをアルファベット/あいうえお順でリスト表示も追加。Androidのアプリドロワーに似た仕組みだ。
Apple WWDC20 Keynote 250

特定のホーム画面を非表示する機能も追加された。休日に仕事で使用するアプリを表示したくない場合、それらのアプリを集めたホーム画面を用意し、チェックボックスを外すことで表示されなくなる。
Apple WWDC20 Keynote 243

着信画面

従来は全画面を覆うようにフル表示されていた着信画面だが、iOS 14はバナー形式に変更。通常の着信、FaceTime、LINEやFacebookメッセンジャーなどサードパーティアプリの着信画面はすべてコンパクトになる。出たくない着信にはワンタップで拒否できる。

Apple WWDC20 Keynote 1069

ピクチャ?イン?ピクチャ

OSとして再生中の動画のピクチャ?イン?ピクチャがサポートされた。他のアプリを起動した状態で、動画を画面上の4隅に配置できる。左右にスワイプすることで動画は非表示にした状態で音声のみを流すこともできる。

Apple WWDC20 Keynote 349

サードパーティアプリで利用するには、アプリ側の対応が必要。YouTubeはピクチャ?イン?ピクチャへの対応を表明しているが、有料サービス「YouTube Premium」に登録したユーザー限定の機能になると見られている。

マップアプリ

マップには経路表示および飲食店情報などが追加されるが、リリース時点では国内で利用できない

自転車用および電気自動車(EV)用の経路表示が追加される。自転車の経路は、標高を認識した上で上り坂でのワークアウトになるか、平坦な道でリラックスして走れるかを表示する。経路の途中に急勾配があったり、自転車を降りて階段を使う必要がある場合は、アラートで通知される。階段や混雑した道をまとめて回避するルートも選択できる。

電気自動車の経路表示は、車の現在の充電状況、標高などを考慮した上で、道の途中にある充電スポットを自動的に追加する。車に合った充電器の種類も表示される。

Apple WWDC20 Keynote 658
傾斜なども考慮してくれる

Apple WWDC20 Keynote 684
電気自動車の充電場所も表示してくれる

「ガイド」機能は、マップ内に組み込まれたガイドブック機能のようなもの。飲食やショッピング用の情報がマップ内から確認できる。気になるガイドを保存すると、新しい場所が追加された時に自動でアップデートされ、常に最新情報が確認できる。

Apple WWDC20 Keynote 631
ガイド機能

Siri

Siriは、デザインがコンパクトになった。起動した画面が表示された状態で起動し、実行内容も通知のように表示される。ただしSiriが起動中、画面は操作できない。

Apple WWDC20 Keynote 389
画面を覆わないUIに

Apple WWDC20 Keynote 391
通知のような表示に

Siriを使用したオーディオメッセージの送信も可能になった。またウェブにある情報を引き出し、幅広い質問に答える機能もサポートしたが、日本語は非対応。

翻訳アプリ

日本語を含む、11カ国の言語で翻訳できる「翻訳」アプリが追加。オフラインでも動作する。

Apple WWDC20 Keynote 463
日本語もサポートされている

よく向きにすると起動する「会話モード」では、簡単な会話ができるように設計。中央のマイクボタンをタップすれば利用できる。

Apple WWDC20 Keynote 471
マイクボタンのタップで指定した言語を聞き取り翻訳してくれる

頻繁に使用するフレーズを保管する「よく使う項目」、相手に翻訳された文章を見せるときに役立つ「アテンションモード」なども用意されている。

Safari

iOS 14のSafariには、翻訳機能が追加。翻訳をサポートする言語のページが表示されている場合、タップで言語が切り替わる。

Safari translation

Appleによると、SafariのJavascriptパフォーマンスは、AndroidのChromeよりも2倍以上高速だという。

Safariは、プライバシー機能も強化されている。表示しているウェブサイトに使用されているトラッキングコードの確認、パスワードの監視が追加された。

AirPods

iOS 14は、AirPods Proが劇的に進化する「空間オーディオ」機能がサポートされる。

空間オーディオとは、頭部の動きを検知するセンサーを使用したダイナミックなヘッドトラッキングにより、左右の耳に届く周波数を微調整する機能。あらゆる空間をサウンドで満たし、臨場感あふれるリスニング体験が実現するという。

視聴するコンテンツは5.1ch、7.1ch、Dolby Atmosに対応している必要があり、利用にはiOS 14をサポートするiPhoneが必要。ただしiPhone 6sおよびiPhone SE(第1世代)はサポート対象外となっている。

Apple WWDC20 Keynote 1303

またAirPodsバッテリー残量不足を知らせる通知機能使用するデバイスに自動的に切り替わる「Automatic Switching」機能も追加される。

App Clip

App Clipは、アプリの一部をコンパクトにしたもの。NFCまはたQRコードを使用し、アプリの一部機能をユーザーが手軽に利用できる。

Apple WWDC20 Keynote 886
QRコードとしても利用できるNFCタグにかざすと出現する

Apple WWDC20 Keynote 889

メッセージ

海外では主要のコミュニケーションツールとして利用されているメッセージアプリは、iOS 14で使い勝手が向上する。

チャットのピン留め機能が追加され、よく利用するチャットを最大9件、上部に固定表示できる。相手の名前を入力することで、複数人でのやり取りの中で、特定の人を名指しできるようになった。インクライン返信機能も追加される。
メッセージアプリ

新しいミー文字のスタイルやステッカーも用意される。

プライバシー

以前から力を入れているプライバシー機能も、iOS 14ではさらに強化されている。App Storeでは、アプリのプライバシーに関する方針をより良く理解するための情報開示が義務付けられる。
App info

「Appleでサインイン」が強化され、既存のログインアカウントを「Appleでサインイン」に切り替えることが可能になる。
Sign in with apple

現在位置を必要とするアプリやサービスに対しても、正確な位置ではなく「おおよその現在位置」を提供することが可能に。地域向けニュースや天気などのアプリを使用する際に重宝するだろう。
Proximate location sharing

iOS 14にアップデート後、最も驚く可能性が高いのは、録音と録画のインジケータ。アプリがiPhoneのマイクまたはカメラを使用している場合、画面右上に表示が出現する。アプリがクリップボードの情報を取得している場合も、ユーザーに通知する仕組みが用意されている。
Indicator for privacy

その他

HomeKit対応アクセサリを管理?操作するホームアプリは、オートメーションの提案をしてくれるようになり、状況を確認できるアイコンボタンが追加される。照明は、一日を通じて変化する「適応型照明」が用意され、監視カメラ製品には滑動ゾーンおよび顔認識機能が追加された。

対応する車種が必要だが、車のキーをiPhoneで代用する「CarKey」が用意されている。車のキーはWalletアプリに追加され、友人や家族との共有も可能。予備電力機能もあり、iPhoneのバッテリーが切れた後でも最大5時間は動作する。

カメラアプリは、最初の撮影までの時間を短縮し、撮影と撮影の間のパフォーマンスも高速化。新しい露出補正コントロールでは、露出の値を固定しながらカメラのピントを個別にロックできるようになった。

メールとブラウザは、デフォルトアプリをサードパーティアプリが指定可能になる。ボイスメモは録音した音の質をワンタップで改善する機能、リマインダーはすばやく入力できる機能と賢い提案機能、写真は新しい整理方法が追加される。

関連情報
カテゴリiOS 14
更新日2020年09月16日
コメント(10件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    β版ずっと使ってるけど写真はランダムだしミュージックは現在聴いてるやつが表示されないし詰めが甘い感じ。

  2. 通りすがりの読者

    Android使ってる人なら分かると思うんですけど、結局ウィジェットって使わないんですよね。意味ないというか。
    そんなウィジェットでしが、iOSはかなりの後発なのでAppleらしい工夫に期待!

    1. g.O.R.i

      僕はiOSの長押し型ウィジェットを全く使わなかったのですが、あったら使うのかな??個人的にはカレンダーアプリのウィジェットは、Androidを使っていた頃は結構活用していたので、iOS 14で使うかもしれないなぁと妄想しています(ヽ′ω`)

      1. 通りすがりの読者

        ゴリミーさんがAndroidを使っている光景が想像できないです!失礼に感じたらすみません?いつかAndroidスマホに対する回想録を読んでみたいです。

        1. g.O.R.i

          全然良いですよ、意外とPixel 4とか持ってたりしますよwww 昔はiPhoneとAndroidの二刀流でした!日本にAndroid上陸した頃から使ってましたが、Nexus 6あたりで挫折した気がします、確かw

  3. こっぺぱん

    ウィジェットはAndroid使ってたときに便利だなと思って使ってました!
    楽しみです!

    1. g.O.R.i

      ワクワクしますねー!!!

      1. こっぺぱん

        ウィジェット対応するアプリも増えるでしょうし、新たなものも出てくるんでしょうね!!楽しみです!!
        ゴリさんもAndroidのときに活用していたようですが、個人的にはカレンダーや天気予報が視覚的にパッと分かるものにしたいので。

  4. 通りすがり

    マップアプリを久しぶりに使ってみてずいぶん改良されていることが分かって驚いた。まだGoogleマップやYahooカーナビに及ばないところはあるけれどかなり実用的になっている

    1. g.O.R.i

      実用性はあるんですけど、結構CarPlayとかで使っているとトンチンカンなこと言ってきたりするので、やや信用できないんですよね。。。まだ心配というか。。。

「iOS 14」新着記事
トレンド検索
午夜电影_免费高清视频|高清电视|高清电影_青苹果影院