ソフトバンクオンラインショップ

iPad mini(2012)と21.5インチ型iMac(Late 2011)、オブソリート製品に追加へ

iPad miniの初代モデルがサポートを終了

Apple iPad mini retina

Appleは現地時間7月31日、iPad mini(2012)および21.5インチ型iMac(Late 2011)のサポートを終了した。MacRumorsによると、Appleは同モデルを「ビンテージ製品とオブソリート製品」として正式に追加したという。

サポート終了後は直営店でもサービス受付が不可に

Appleは5?7年スパンで定期的にサポート終了製品として「ビンテージ製品とオブソリート製品」に指定している。これまでサポートが終了した製品はこちらの公式ページから確認できるようになっている。

「Obsolete」ステータスが付いた場合、直営店だけではなくApple公認サービスプロバイダでも各種サービスを受けることができなくなってしまうため、対象商品を保有している人は注意が必要だ。

関連情報
カテゴリiMac
/
iPad mini
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad mini」新着記事
トレンド検索
国产精品嫩草影院-电影大全 - 高清在线观看 - 海量高清视频免费在线观看